壊れたカメラでも需要があるので安心

家電も壊れてしまうと、やはり修理するのも大変です。時にはもう新しいものに買い替えるといった決断もあるでしょう。ミラーレス一眼のカメラでもそれは起こります。もしも壊れてしまったカメラでも意外と需要は高いので、買取業者を探してみましょう。

家電なども大切に使っていても、急に壊れたり、調子が悪くなったりします。そんなときには、修理もありますが、思いきって買い替えもあるでしょう。
壊れたり、調子が悪いものはすぐ廃棄していませんか。
カメラだと、余計にそうなりがちですが、まだまだ使い道はあります。

需要はまだまだある!

壊れたり、調子が悪いミラーレス一眼のカメラでも、実はほしいなんて人もいます。まずはカメラのコレクターの人がいます。この場合には使えなくても、手元においておきたいというわけです。この場合には、買取も案外高値がつくこともあります。オークションの方が買取してもらいやすくなります。

カメラに詳しい人や機械に詳しい人だと、自分でカメラをカスタマイズなんてことが多いです。そうなると、パーツ元のカメラが欲しくなるというわけです。この場合には少し買取額は安くなりそうです。しかし、買取してもらえるので、狙い目です。

業者を探した方が早いかも

こうした需要を探すのもいいですが、もっと探しやすいのは業者です。ジャンク品でインターネット検索すれば、多くのお店が見つかります。カメラ販売店でも実は、ジャンク品を買取や下取りすることもあるので、買取業者だけでなくカメラ販売店もあたってください。
なお、ジャンク品も動作が全くできない時には不可もありえます。状態を伝えてから、査定を頼んだ方が良いです。

あと、状態によって査定金額はかなり変わります。あまり期待しすぎないでください。
ジャンク品とはいえ、ミラーレス一眼でも早めに出す方が、劣化防止にもなりますし、査定アップのコツです。

関連する記事